oh魚工房 株式会社塩屋

選別と製造工程
涸沼としじみ
生態と一生
しじみの栄養
Q&A

あさりって・・・
産地と特徴
生態と一生
貝毒について
エネルギーの素
Q&A

会社概要
放射能対応
放射能関係
商品紹介
お問合せ
協力業者様

砂だし
しじみ料理
あさり料理

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日

あさりの生態と一生について説明いたします。

●産卵
北海道以南ではアサリの産卵期は春と秋、年2回だそうです。
雄のアサリは精子を雌は卵子を同時に海中に放出します。
何故同時に放出出来るのかは、潮時か時間がよく解っていないみたいです。
一度に一つのアサリが産む卵の量は、うーん、何処にも書いていない。
ムラサキイガイは500万個〜1200万個。
ホタテガイは1億個〜1億7000万個。
とあるので、この量だとアサリもメチャメチャ沢山産むと言う事でしょう。
誰も正確に数えられない程の数です。

●トロコフォラ幼生時代
受精した卵は10時間前後でトロコフォラ幼生になります。
トロコフォラ幼生は団扇とかおたまじゃくしに似た形で
この時期は10数時間しかありません。

●ベリジャー(ヴェリジャー)幼生時代前期 [D型幼生]
受精から一昼夜後にはトロコフォラ幼生を経てアサリはペリジャー幼生になります。
ペリジャー幼生前期はDの形に似ているためD型幼生とも呼ばれます。
ペリジャー幼生前期、後期で2,3週間海中を浮遊します。
この時に小魚など色々な生物の餌となって数は激減します。

●ベリジャー(ヴェリジャー)幼生時代後期 [殻頂期幼生]
殻頂期幼生期には,眼点(目のようなもので光を感ずる器官と言われています.)や足が発達してきて,この時期を越えると貝は着底変態し親と一緒の生活を 行うようになります。

●着底生活
殻が1/5mm位になると浮遊生活から砂の上での生活になります。
その頃は砂に潜る事は出来ず、足糸と呼ばれる分泌物で
砂に付着しています。

●砂中生活
殻長が1cm程になると足と呼ばれる筋肉質のベロが出来、砂の中に自由に潜る事が出来る様になります。
潜り方は足を砂の下に伸ばし伸ばした先端を膨らませ、そこで足を縮めると本体が下に潜るという運動を繰り返す事によって砂に潜っていきます。

●寿命
アサリは潮干狩りですぐに獲られてしまうので、あまり生きられないように思いますが、自然にまかせておくと7,8年の寿命があるそうです。
相当大きくなると思われます。

普通の砂浜では獲られてしまいますが、岩と岩に挟まれた場所や岩場と砂が混在しているような漁をしにくい場所では大きなアサリが生きているかも知れません。

 

COPYRIGHT(C) oh魚工房 株式会社塩屋 ALL RIGHTS RESERVED.