oh魚工房 株式会社塩屋

選別と製造工程
涸沼としじみ
生態と一生
しじみの栄養
Q&A

あさりって・・・
産地と特徴
生態と一生
貝毒について
エネルギーの素
Q&A

会社概要
放射能対応
放射能関係
商品紹介
お問合せ
協力業者様

砂だし
しじみ料理
あさり料理

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日

 しじみは昔から、肝臓の機能を高め、肝臓病・黄疸の特効薬として利用されてきた。他にも、解熱・利尿・喉の渇きを止める・酒毒をおろす・目を健やかにするなどの効用も見られる。

 しじみには、肝臓の細胞を修復するのに必要なタンパク質が豊富に含まれている。しじみのタンパク質は、量は少ないが、卵や肉に匹敵するくらい良質のもの。必須アミノ酸のバランスがとれているので、消化吸収がよく、肝臓に負担がかかりにくい。
 合わせて、肝臓の働きをよくするグリコーゲンやレバーに匹敵するビタミンB12も含む。ビタミンB12は悪性貧血を予防し、神経の働きにも必要なものです。鉄分も充分に含んでいる。
 「しじみのみそ汁は酒飲みによい!」と言われるのも、しじみの効用がみそ汁に溶け出し、なおかつ味噌にも肝臓の機能を高める働きがあるので、みそ汁にすると相乗効果があり二日酔いなどにピッタリ!なのです。

 貝類はうまみが多いとされているが、これは「コハク酸」の働きによるもの。コハク酸の含量は、シジミ、ホタテ、アサリ、ハマグリの順に多く、栄養価も非常に高いシジミだが、味のよさもシジミが一番なのである。
 しじみは冷凍すると遊離アミノ酸などのうまみ成分が増える特徴があるため(コハク酸などがアミノ酸に変化する為)に美味しくなります。
 さらに、塩水につけて砂だしすると、浸透圧の作用でシジミのグリコーゲンが分解され、うまみ成分が引き出されたりします。




COPYRIGHT(C) oh魚工房 株式会社塩屋 ALL RIGHTS RESERVED.